信州・茅野の「寒天づくり」(アルプス印の「有限会社イリイチ」さん)


信州・諏訪地方の、
冬の寒暖差と乾燥する気候を利用して作られる「寒天」は
茅野市の特産品の一つです。
「寒天の産地といえば茅野市です」
原料となる天草を大きな釜で煮溶かして「ところてん」を抽出し
10日間から2週間程度、厳冬の露天で氷結・乾燥させて
作られます。天然の「フリーズ・ドライ」です。
寒すぎても乾燥せず、暖かければ氷結せず
良い「寒天」にはなりません。
そんな作業風景を
茅野市にある「有限会社イリイチ」さんに
撮影させて頂きました。

有限会社イリイチ
 http://www.iriichi.jp/


2019年2月2日 18:56 放送の
テレビ朝日
世界が驚いたニッポン! スゴ~イデスネ!!視察団
いま外国人が絶賛!
日本のコレは美味しすぎる!最強「和菓子」ランキング
https://www.tv-asahi.co.jp/shisatsudan/backnumber/2019/0095/
の中で、「羊羹」が4位にランクインしており
その原料となる「寒天」に関連してこの動画のワンカットが使われました。

2020年3月11日に公開された
NHK World
3-Day Dare*Devils
Winter Delicacy Ordeals!
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/video/3019102/
では、日本の冬の食材が「信濃雪鱒」「寒天」「レンコン」が紹介され
「寒天」の紹介でこの動画の ワンカットが使われました。

小津の散歩道 ~信州・蓼科高原~


小津の散歩道 ~信州・蓼科高原~ [ Yasujiro Ozu’s promenade ( “Ozu no Sanpo-michi” ) -Shinshu, Tateshina Kogen ]

世界的にも高い評価を得ている映画監督・小津安二郎が愛した信州・蓼科

小津安二郎が別荘として利用していた「無藝荘」から、
足繁く通った「一本桜」までを歩いてみました。

このルートは、「小津の散歩道」として整備されています。

0:00 「無藝荘」
0:33  プール平
0:51 「雲呼荘」跡地手前、更に先左に「笠智衆山荘」
1:22 「新・雲呼荘」
2:27  大河原堰
3:30 一本桜
3:54 小津安二郎監督山荘建設予定地
4:17 ビーナスライン
    右 北八ヶ岳、蓼科方面
    左 散歩道(蓼科湖、茅野市街)
4:35 蓼科諏訪神社
4:41 「無藝荘」帰着

「無藝荘」は、
小津安二郎生誕100年の2003年に現在の場所に移築保存されました。

小津安二郎記念・蓼科高原映画祭 — 無藝荘 —
https://ozueigasai.jp/mugeisou.html